2次会エンタ7を作った経緯は

スタッフブログ

初めまして、2次会エンタ7のプランナー佐竹です。

この度、お笑い芸人が司会の二次会エンタは、より多くのお客様に幹事代行サービスをご検討いただけることを目標に、「2次会エンタ7」としてリニューアルいたします。

幹事代行サービスを開始して丸4年、どのような経緯で今回のリニューアルに至ったかを、お話させていただきたいと思います。

飲食店様向けのコンサルサービスから

弊社が結婚式二次会の幹事代行サービスを立ち上げてから、今年で丸4年が経ちました。

それまでは、主に飲食店舗様の窓口として、新郎新婦様やご友人幹事様に、ご飲食のプランや設備アイテムのご案内から、パーティー当日の進行作成のお手伝いや運営のサポートを手掛けておりました。

実はその頃は、「幹事代行サービス」について、ネガティブな考えを持っておりました。

結婚式二次会の良さは、気の置けない友人が新郎新婦を盛り上げたい一心で、不慣れだったとしてもアットホーム感を大切に開催してこそ、と考えていたからです。

多少のハプニングや、くだぐだ感さえも二次会の醍醐味とすら考えていました。

その最高の「内輪」の場所に、主役の2人と全く関係のない、業者感(仕事してますよー感)が滲み出た人がいたら、ゲストだってシラケてしまうのでは…

では、そんな幹事代行に後ろ向きだった会社が、何故自社サービスを手掛けることになったのか。

そこには、2つの大きなキッカケがありました。

アットホーム感とプロ感を両立できる幹事代行を

先ず1つは、実際に二次会幹事を知り合いに頼みたくないとお考えの新郎新婦が増えてきたことです。

コンサル先の店舗にいらっしゃる新郎新婦様から、「幹事代行サービスを頼もうと思ってるんですが、良い会社を知りませんか?」と聞かれることも少なくありませんでした。

しかも、何故ご友人に頼まれないかをお伺いすると、決まって返ってくるお答えは「だって幹事頼まれたら大変じゃないですか。折角なら、来てもらう友人には皆楽しんでもらいたいですし。」

なんて心優しい方達なんでしょう!!
こだわりの演出があるとか、二次会でもプロに仕切ってもらいたい、ではなく、友人に負担をかけることを気にされているとは…

確かに、二次会の幹事を引き受けると、打合せや買い出しに時間が必要なのと、当日も運営に回るため、折角の料理や余興は楽しめなかったりします。

そしてもう1つのキッカケは、「お笑い芸人」との出会いです。

たまたま個人的な知り合いから、司会者候補としてお笑い芸人を紹介いただいた機会がありました。

まだ芸歴も浅く、名前が売れている訳ではなかったのですが、営業での経験談や、やはり話していて会話がユーモアに富んでいたため、この方達なら、結婚式二次会の司会を任せても、アットホーム感は保ちつつ、新郎新婦様やゲストの皆様に楽しんでいただけるMCができるのでは?と感じました。

早速、先ずは個人的な友人の二次会にて司会をお願いしてみると、予感は的中!
受付の前説ではゲストを「暖めて」、定番の新郎新婦クイズはさながらテレビ番組のようにスムーズで笑いが溢れ、ゲストからは「新郎新婦に芸人の知り合いがいたんですね!」と声をかけられ、お開き後に新郎新婦様からも「盛り上げていただきありがとうございます!芸人さんにお願いして良かったです。」と賛辞をいただけました。

これは面白い幹事代行サービスになるかもしれない!
と直感し、商品として形にしたものが、「二次会エンタ」でした。

幹事代行サービスで感じた課題

「2次会エンタ」は、お笑い芸人の登録数が2人からスタートしました。そのため、先ずは広告などはうたずに、提携店舗にいらっしゃったお客様へチラシをお渡しするなどして、お申込をいただいていました。

それでも、これまで100組を超える新郎新婦様にサービスをご利用いただき、司会者もお笑い芸人やフリーのアナウンサーなど、10人を超えました。

また、たまたまお客様よりお申込いただいたホテルの現場にて、担当のプランナー様に2次会エンタを気に入ってもらえて、今では定期的にお客様をご紹介いただけるようになりました。

そんな順調に実績を残してきた2次会エンタですが、スタッフとして大きな課題を感じてもおりました。

その課題とは、幹事代行サービスが、お客様がお持ち込みされる会場の条件に、大きな影響を受けてしまうことです。

これまでの失敗談としては、会場に届いているはずの荷物がない(大抵、探せば出てきます)、当日になって使えるはずのマイクが壊れていて使えない、ケーキやデザートが指定のタイミングで出てこない、などなど…

結局は、結婚式二次会がスムーズに運営できるかどうかは、会場のスタッフ様と幹事代行スタッフの共同作業なのです。もちろん、事前の打合せや情報共有により、会場スタッフ様のご負担を和らげてスムーズな進行を促すのも代行業者としての役目です。

厳選会場とのコラボプランである2次会エンタ7

そこで、弊社が元々別事業でお取引のあった、都内横浜合わせて400店舗以上の候補の中から、結婚式二次会の会場として適切な会場をピックアップしました。

更に、事前の交渉により、金額面でもリーズナブルな条件にて二次会エンタとコラボをしていただける会場を対象とした、新しいパッケージプランが実現しました。

目的は、より多くの新郎新婦様に、もっと手軽に幹事代行サービスをご利用いただくことだったので、二次会エンタのサービスも本当に必要な項目だけに絞り込みました。

そうして生まれた新しいプランが、「2次会エンタ7」です。

対象店舗であれば、最低保証人数さえ上回っていただくことで、一律定額7,000円でパーティー開催に必要な全ての会場サービスと、幹事代行サービスがまるっと含まれた、非常にリーズナブルな価格設定です。

結婚式二次会の開催にあたって

・自分(新郎新婦)達の手が二次会まで回るか心配

・友人幹事の負担が心配

・業者に依頼すると会費が高くなるのが心配

という不安を解消できるサービスとして、是非とも2次会エンタ7をご活用頂ければと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧