コロナ渦でおすすめの結婚式二次会ゲーム3選

ゲーム

コロナ渦での結婚式二次会では、どんなゲームをしたらいいのか迷う・・・

コロナ渦の結婚式二次会でゲームを行うなら、「しゃべらない」「接触しない」と大きく分けてこの2点に注意しましょう。
なぜなら、「しゃべらない」「接触しない」を気をつければ、万が一コロナ感染者がでた場合でも、濃厚接触者として該当しない可能性が高く、感染リスクを下げることに繋がります。

今回は、濃厚接触に気をつけながら行えるコロナ渦でおすすめの結婚式二次会のゲームを3つご紹介します^^

  • コロナ渦ではどんなゲームを行えばいいか迷っている
  • コロナ渦での結婚式二次会ゲームはどんなことに気をつければいいのか知りたい

コロナ渦で行う結婚式二次会ゲームの注意事項

コロナ渦で行う結婚式二次会のゲームは、冒頭でもお話したように濃厚接触にならない内容が望ましいです。

そもそも濃厚接触とはどのような条件で当てはまるのか、厚生労働省HPに以下のように記載がございます。

濃厚接触者は、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、或いは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方を指します。

濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は上述のとおり、1.距離の近さと2.時間の長さです。必要な感染予防策をせずに手で触れること、または対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)で15分以上接触があった場合に濃厚接触者と考えられます。

厚生労働省ホームページより引用

コロナ渦での結婚式二次会ではマスク着用を必須条件にする

ゲーム中に限らず、結婚式二次会のパーティー中は基本的にマスク着用を必須条件にし、コロナ対策を心がける必要があります。

食事中はマスクを外すことになりますが、歓談・ゲーム・余興はマスク着用をするように、当日は司会者からアナウンスしましょう。

ゲームの話と少しずれますが、タイムスケジュールで食事する時間(マスクを外す時間)と歓談時間(マスクを着用する時間)をしっかりと分けると、より感染対策として有効かと思います。

2次会エンタプランナー
2次会エンタプランナー

飲食や会話を伴う内容は行わない

不特定多数の人と会話をするゲームや、飲食を伴う内容のゲームも極力避けるようにしましょう。

会話をするゲームの場合は、マスク必須+15分以上はしゃべらないようにするなどして、コロナ対策する必要があります。

また、結婚式二次会のゲームでよく行う方が多い、早飲みゲームやマシュマロキャッチなどは、マスクを外すため、飛まつの可能性がありますので、コロナ渦では避ける方が無難でしょう。

人と人が接触する内容にしない

濃厚接触者の定義の説明でもありましたが、人と人が接触するゲームの内容は避けましょう。

結婚式二次会の接触するゲーム内容としては、例えば腕相撲対決などがございます。

どうしても行いたい場合は、手袋を準備して直接触れ合わないように対策をしましょう!

大勢で移動する内容は避ける

大勢で移動するだけなら、そこまで感染リスクはないのでは?とも思いますが、大勢で動くことによって、人と人がぶるかる(接触)可能性がございます。

また、大勢で動くことによって菌も舞いやすくなるため、大勢で移動するゲームも極力避けることをおすすめします。

その他、結婚式二次会のコロナ対策については、『結婚式二次会のコロナ対策で絶対に気をつけたい注意事項12選』で詳しくご紹介していますので、合わせてチェックしてみて下さい。

コロナ渦でおすすめの結婚式二次会ゲーム

では、実際にどんなゲームがコロナ渦ではおすすめかご紹介していきたいと思います。

【個人参加型】移動も会話も必要がないビンゴゲーム

定番中の定番になってしまいますが、ビンゴゲームがおすすめです。

ビンゴゲームは動かずその場で行え、誰もが知っているゲームのため、わかりやすくおすすめです。

普通のビンゴだと物足りない・・・と思う新郎新婦さんは、2次会エンタおすすめのチャレンジビンゴ(ミッションビンゴ)がおすすめです。

少し移動は伴いますが、大勢で動くこともなく、盛り上がるゲーム内容です!
詳しい内容は、「9割の新郎新婦様が選ぶ結婚式二次会の大人気ゲーム・チャレンジビンゴ」でご紹介してますので、是非ご参考にして下さい^^

【グループ対抗】スマホで簡単「イベントde投票」

グループ対抗でゲームを行いたい場合は、スマホを使って簡単に参加できるクイズ大会がおすすめです。

新郎新婦様やご友人幹事が、あらかじめ「イベントde投票」の無料アカウントに登録し、クイズの問題作成や設定を行うことで、某TV番組の様なゲスト参加型のクイズ大会が開催できます。

具体的な設定方法などは、「結婚式二次会でオールスター感謝祭風のクイズ大会を開催する方法」の記事で解説しておりますので、ご参考にしてみて下さい。

グループ対抗クイズ大会の流れ

1.ゲストをグループごとに分ける

ゲストのグループ分けは、できれば事前に新郎新婦様が決めておくことをおすすめします。

グループのアルファベットのカードを用意しておき、受付でゲストにカードを配り、各グループの場所(テーブル)を案内することで、最初からゲストをグループごとに分けておくことができます。

二次会当日にグループ分けを行うと、ゲーム開始時に大掛かりなゲストの移動が必要となりますので、コロナ禍ではおすすめできません。

また、折角友人同士で参加したゲストが、グループ分けで独りぼっちになってしまうことを避けるためにも、事前に新郎新婦様が交友関係も考慮しながらグループ分けしておくと良いですね。

2.グループの代表者がスマホでアカウント登録

イベントde投票ゲームに参加するためには、ゲストのスマホでアカウントを登録する必要があります。

グループ対応の場合は、各グループで代表者を一人決めて、1つアカウントを登録しておけば問題ございません。代表者と言っても、あくまでも登録用のスマホの代表者となりますので、実際にクイズの問題を考えるのはグループ全員で協力しながら参加することができます。

3.スマホでクイズの回答を入力

クイズの問題は会場内のスクリーンや、ゲストのスマホ画面に表示されますので、制限時間以内に選択肢から回答を入力して送信すれば完了です。

各問題ごとに正解者の発表をスクリーンに表示できます。また、回答の送信までのタイム(いかに早く回答したか)もスコア・ランキングに反映されますので、同じスコアで複数のグループが並んだ場合も、必ず順位を付けることが可能です。

4.全問終了後にランキング発表

全ての問題の回答が終了した後で、正解スコアを自動で集計し、ランキング形式で発表が可能です。

この時スクリーンに表示させるランキングの数をあらかじめ設定しておくことができます。

また、下位から順番に発表(表示)させることもできますので、ランキング発表も盛り上がります。

イベントde投票の無料アカウントは、通常クイズの回答者数(ゲスト数)の上限が20までですが、現在は期間限定で上限数を超えて登録可能(最大300アカウント)な有料アカウントを無料でご利用いただけます!

グループ戦ではなく、個人戦のクイズ大会でもご利用いただけますので、この機会に是非お試しください。

2次会エンタプランナー
2次会エンタプランナー

【歓談メイン】好きな景品が当たる?!大抽選会

最後にご紹介するゲームは、シンプルな景品の抽選会です。

抽選会は、予め景品名が書かれた抽選BOXを用意し、好きな景品BOXにゲストが投票。
新郎新婦さんで、景品の当選者を抽選していくスタイルでシンプルで分かりやすく、ゲストも好きな景品を当てることができます。

また、大勢で移動する必要もなく、会話をすることもないため、コロナ渦でもおすすめのゲーム内容となっています!

景品の数にもよりますが、所要時間は10分程で終わりますので、歓談メインにしたい結婚式二次会にもおすすめです。

充分な対策をしてコロナ渦でも結婚式二次会を楽しもう

結婚式二次会の醍醐味ともいえるゲームですが、コロナ渦ではゲストの不安を少しでも取り除くために、感染に気をつけた内容を是非考えてみて下さい^^

余興ゲームに限らず、結婚式二次会を開催するにあたって、コロナ対策を様々なところで実施できます。
私がプランナーをしている2次会エンタでも、様々なコロナ対策の取り組みを行っておりますので、詳しくは下記記事をチェックしてみて下さい。

また、コロナ渦で少人数の結婚式二次会を開催予定の新郎新婦様は、友人に幹事の負担をかけない幹事代行がおすすめですので、下記記事も是非ご確認下さい^^

関連記事一覧