結婚式二次会の費用内訳を現役プランナーが解説!

結婚式二次会

結婚式二次会は、参加ゲストにできるだけ喜んでもらいたい!でも、開催の費用はいくら発生するんだろう?

結婚式二次会でゲストが喜ぶ内容は、主に5種類に分けられます。
その内容とは、「料理」「余興」「アクセス」「会費」「幹事負担」です。
新郎新婦さんがどのテーマを重要視するかで、費用の内訳は変わってきます

2次会エンタ・袴田

今回は、幹事代行2次会エンタでプランナーをしている私が、一般的な結婚式二次会で必要な費用の項目を具体的にご紹介します。
その後、ゲストの満足度(喜ぶ内容)と、各費用との関係性を解説します。これから結婚式二次会の予算を決める新郎新婦さんにとって、ゲストをどのように喜ばせたいかを決める参考にしてもらえたら嬉しいです♪

  • 結婚式二次会はどんなことに費用が発生するのかわからない
  • ゲスト会費設定を間違えたくない
  • ゲストに喜んでもらえる結婚式二次会にしたい

結婚式二次会費用=自己負担ではない?

結婚式二次会の費用は、新郎新婦さんが負担するのではなく、ゲスト会費で賄って開催される方が多いです。

結婚式二次会の費用はどのくらいかかるのか、自分達の自己負担はどのくらい発生するのかについては、会費金額や二次会内容に大きく左右されます。

結婚式二次会でやりたい内容(セレモニー、余興など)、料理を豪華にしたいなど、こだわりがあるほど費用は高くなります。どこまでこだわり、どの分をゲスト会費に上乗せするかによって、新郎新婦さんの自己負担金額が変わってきます。

先ずは新郎新婦の自己負担金額を正しく理解しよう

結婚式二次会の全体費用をゲスト会費で賄えなかった金額が、新郎新婦さんの自己負担金額になります。

つまり、結婚式二次会で発生する費用をしっかりと把握し、ゲスト会費を調整すると新郎新婦さんの自己負担はなしで開催することができます。

ゲスト会費も抑えて、尚且つ結婚式二次会を自己負担なしで考える場合は、会場選びからこだわる必要があります!

結婚式二次会の費用内訳

結婚式二次会を開催する上で、主に発生する費用の内訳についてご紹介していきます。

結婚式二次会の会場へ支払う費用

まず、結婚式二次会の会場へ支払う(当日)費用についてですが、主に3パターンに分けられます。

飲食代金

結婚式二次会の費用で最も多くを占める、飲食代金です。
飲食代金は、会場の質や、料理、ドリンクの種類によって大きく変わってきますので、費用を抑えたい新郎新婦さんは、飲食プランが安い会場を選ぶようにしましょう。(最低保証金額も要確認)

飲食代金相場:4,500~5,500円(首都圏)

会場使用料(プロジェクター・音響使用料)

会場費や、映像(プロジェクター)、音響(BGM・マイク)の使用料が発生する会場があります。
音響使用料の中にPAスタッフが含まれている場合は、プロにお任せできますので、幹事の負担も軽減できて◎

会場使用料が発生しない会場も多いため、費用を抑えたいなら、発生有無確認は必要です!

会場使用料相場:無料~30,000円前後

飲食系のオプション

より飲食プランを充実するためや、結婚式二次会でもセレモニーを考えている新郎新婦さんは、追加でオプションを頼む場合があります。

主に、ウェディングケーキ、デザートブッフェ、ドリンクオプション(種類増加)、ドリンク延長料金などがあります。

ウェディングケーキ相場:20,000~30,000円
デザートブッフェ、ドリンクオプション追加相場:飲食代金に+500~1,000円

その他追加オプション費用(延長料金、持込み料金など)

飲食の追加オプション以外では、会場自体の延長料金や、ウェディングケーキや飲食物などの持込料、控室の使用料などがございます。

追加オプションについても、下見などで事前に会場スタッフに確認しておくと安心です。

結婚式二次会の準備で必要な費用

次に、結婚式二次会の準備の段階で必要になってくる費用をご紹介していきます。

打合せで発生する費用

意外と見落としがちですが、幹事を友人へ依頼している場合などは、もちろん打ち合せをしますよね。
その打ち合せ費用は、新郎新婦さんで支払うことがマナーですので、意外とここで出費がございます・・・。

幹事の人数や打ち合せ回数によって、思わぬ金額に。

余興ゲーム用のアイテムや景品

結婚式二次会で余興ゲームをされる場合は、そのゲームに必要なアイテムや、内容に見合った景品を用意します。

ゲスト人数やゲームの内容によって、景品予算が大きく変わってきます。

プチギフト

プチギフトは、100~200円相当で買うことができますが、人数が多い場合はその分費用も上がります。(当日追加もあるため、余分に買う必要があります)

幹事へのお礼費用

幹事を友人に依頼している場合は、必ずお礼をしましょう!!

幹事へのお礼や費用については、役割別に変わってきますので、詳しくは『結婚式二次会の幹事へのお礼はどうする?役割別に徹底解説』をお読みください。

依頼する人数次第では、金額負担や気を使うことを考えると、幹事代行に依頼した方が良いパターンもあります。

衣装費用

結婚式二次会用で改めてドレス・タキシードを準備する場合も費用が発生します。

結婚式二次会の場合は、大体3万円~5万円ほどでレンタルできるドレスショップさんが多いです。

姉妹サイト宴索blogにて、おすすめのドレスショップ『ドレスベネデッタ表参道』についてご紹介しておりますので、結婚式二次会のドレスを検討している新婦さんは、チェック!!

その他(カメラマン、ムービー作成など)

その他には、プロのカメラマンを依頼、ムービー作成を依頼する場合に費用が発生します。(3万円前後)

ムービーを外注するなら、『結婚式の二次会で差がつくムービー作成業者3選【サンプル映像有り】』でおすすめサイトをご紹介していますので、是非ご参考にして下さい。

結婚式二次会の会費相場をご紹介

結婚式二次会の費用が知れたら、次は会費設定に悩みますよね。

ゲストに高い!と思われたくないし、でも新郎新婦さんの負担が大きくなることも避けたいところ・・・。

そこで、結婚式二次会の会費相場をご紹介していきます。

結婚式二次会の会費相場は7~8千円(首都圏)

ブライダル総研 ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ 二次会の会費を基に作成

ゼクシィトレンド調査によると、結婚式二次会の会費は男性で8~9千円、女性で7~8千円が一番多い金額となっています。(首都圏)

実際に2次会エンタをご利用頂く新郎新婦さんの平均は、女性7千円、男性8千円になります。

会費をこれ以上高くする場合は、それなりの理由(食事や景品が豪華)がないと、ゲストに高い!と思われる可能性がございます。

相場を知った上で、結婚式二次会の内容と会費金額が見合うように設定しましょう!

会費金額の男女の差額相場

ブライダル総研 ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ 二次会会費の男女の差額を基に作成

結婚式二次会の会費は、男女で差額をつけるか迷う新郎新婦さんも多いかと思います。
アンケート結果を見ると、会費設定は同額が一番多く、次に男性の方が1千円~1千499円多いという結果でしたので、是非参考にしてみて下さい^^

会費差額は披露宴ゲストと二次会ゲストで分けるパターンもある

会費金額に差をつける場合、男性女性で分ける新郎新婦さんもいますが、披露宴出席者と二次会出席者で分けるパターンもあります。

男女で会費の差をつける、披露宴・二次会出席者で会費の差をつける、又は同額にするかは新郎新婦さんで話し合って決めましょう!

ゲストの満足度別に結婚式二次会費用を解説

結婚式二次会の費用は、新郎新婦さんがどんな内容にしたいか決めることで金額が決まってきます。

結婚式二次会の準備において、ゲスト満足度の内容を5つご紹介しますので、どの項目が一番自分達の二次会で大事か、是非ご検討してみて下さい^^

1.食事を豪華な内容にする

食事の種類を増やす、ドリンクオプション付ける、デザートビュッフェ付けるなど、規定のプラン内容にカスタマイズして、ゲストが喜ぶ内容にすることができます。

食事の内容を豪華にすると、ゲストの満足度が高いですが、その分プラン料金も高くなります。ですが、お料理の内容を豪華にする場合は、ゲスト皆様が楽しめることですし、会費が多少高くても納得のいくゲストが多いと思います。

結婚式二次会から参加するゲストが多い場合などにおすすめです!

特にコロナ渦の結婚式二次会では、感染リスクが少ないフルコースプランを実施している会場を選ぶと安心でしょう!

2.披露宴会場で行い結婚式二次会会場への移動負担をなくす

結婚式二次会へのアクセスを良くすることも、ゲスト負担がなく喜ばれる内容です。

特に、披露宴出席者と結婚式二次会出席者が、ほぼ変わらない場合におすすめです◎

ただ、披露宴会場は結婚式二次会と言えど、サービス・料理ともに優れているため、その分プラン料金など高くなる可能性があります。

3.余興に拘る

ゲストに楽しんでもらうために余興をこだわる場合、ゲームの景品を豪華にする、映像を作りこむ(ロケ費用など)、ゲームアプリを使うなどがあります。

特に、景品を豪華にすると、ゲームが盛り上がります!

ただ、景品はすべてのゲストに当たるわけではありません。
景品を豪華にしたことによって、会費が平均より高くなってしまうと、ゲスト満足度が下がるリスクがございます・・・。

景品を豪華にしない場合でもゲームを盛り上げるなら、結婚式二次会のプロの幹事代行を、検討してみてはいかがでしょうか?

4.会費を抑える

会費金額を安くすると、喜ばないゲストはいないと思います!

披露宴ゲストが多い場合は、お店と交渉して料理内容を調整しプラン金額を下げることも可能だったりします。また、参加人数よりボリュームを減らして発注するなど、工夫をすることで会費を安くすることができます○

5.幹事を友人に依頼をしない

結婚式二次会の幹事は幹事代行に依頼して、ご友人の負担を0に!!

結婚式二次会の幹事は、事前準備~当日の運営までたくさんやることがあり、すごく大変な仕事です。
もちろん、依頼したからにはお礼をしないと、今後の関係性が崩れてしまうことも・・・。

お礼も考えて気を使いながら友人に幹事を依頼するより、費用が発生してしまいますが、幹事代行に依頼すると、気を使わずにスムーズに結婚式二次会を開催できます♪

幹事の仕事については、『結婚式二次会の幹事がやることマニュアル徹底解説』でご紹介していますので、具体的に幹事の仕事がわからない新郎新婦さんは、是非チェックしてみて下さい。

結婚式二次会の費用はどこにお金をかけるか決めて準備しよう

結婚式二次会の費用は、新郎新婦さんが何を重視したパーティーにしたいかで、人によって金額が大きく変わってきます。

結婚式二次会の準備を始める前に、自分達の二次会テーマを決めましょう。
特に、ゲストの満足度の優先順位は結婚式二次会の費用に影響してきますので、賢くやりくりするために、テーマ決めは重要です。

思ったより費用が発生してしまった・・・なんてことにならないために、2次会エンタではお見積もりをしっかりと事前にご提示します!幹事代行をご検討している新郎新婦さんは、是非お気軽にお問い合わせ下さい♪

無料相談会への参加でもれなく
ハーゲンダッツギフト券が貰える

今なら無料出張相談会のお申込で、もれなく「ハーゲンダッツギフト券」をプレゼント!
ご希望の最寄り駅まで出張対応なので、平日お仕事帰りや、週末式場との打合せ前後の、隙間時間でお申込いただけます。

無料出張相談会のお申込へ

関連記事一覧