結婚式二次会で幹事なし!新郎新婦だけの準備&運営を解説

幹事代行, 結婚式二次会

結婚式二次会の幹事を友人に頼んで、負担を掛けるのは嫌だな。
披露宴同様、幹事を立てずに自分達だけで準備しても大丈夫なのかな?

結婚式二次会をしたい場合でも、負担を掛けたくないという思いから、友人に幹事を頼みづらいと思う新郎新婦さんもいますよね。

ただ、幹事を立てずに結婚式二次会を開催することは、様々な問題がありますので、2次会プランナーの立場としては、正直おすすめはしません。

今回は、結婚式二次会を幹事なしで開催することが本当にできるのか、またその際の注意点を解説していきます。

2次会エンタ・袴田
2次会エンタ・袴田

幹事代行「2次会エンタ」にて、結婚式二次会のプランナーをしている袴田です。

結婚式の準備に忙しい新郎新婦さまを、当日まで徹底サポートします^^
友人幹事さんに頼むのと変わらないくらい、アットホームで楽しい結婚式二次会を一緒に作り上げていきたいです!

こんなお悩みの新郎新婦さんにおすすめです!

・幹事を頼む友人がいないから、自分達だけで二次会の準備をしよう
・自分達だけで二次会の準備と当日の進行は不安だなぁ
・幹事なしで二次会の場合は、どういう内容にしたらいいんだろう

幹事なしで結婚式二次会を開催する段取り

当たり前ですが、結婚式二次会を幹事なしで準備を進める場合は、新郎新婦さんが本来ご友人幹事がやるべき準備・作業を代わりに行うことになります。

そのため、結婚式二次会を幹事なしで開催するために先ず初めに新郎新婦さんがやるべきことは、幹事の仕事を把握することです。

詳しい内容は、結婚式二次会の幹事がやることマニュアル徹底解説でもご紹介しています。

結婚式二次会の事前準備

結婚式二次会の当日を迎える前の大事な、事前準備内容について解説していきます。

新郎新婦さんのお仕事

  • 結婚式二次会の会場下見&予約
  • 招待ゲストへの出欠確認
  • 予約会場に最終人数&プランを報告

結婚式二次会幹事さんのお仕事

  • タイムスケジュール作成
  • 会場の下見&担当者と打合せ
  • 景品や小物、アイテムの手配
  • 司会台本、名簿リスト他の印刷

結婚式二次会を開催する前の準備としては、大まかにこのような準備が必要となってきます。

友人幹事なしで準備を進める場合は、この全てを新郎新婦さんが行う必要があります。

結婚式二次会の当日の流れ

準備が終わったら、いよいよ結婚式二次会当日。

結婚式二次会幹事さんの当日の仕事内容も大まかにまとめました。

  • 式場から結婚式二次会会場へ必要な装飾物やその他荷物を運搬する
  • 結婚式二次会会場の装飾と設営
  • 会場担当者と最終打合せ
  • 受付開始(会費預り)※
  • BGM再生※
  • 司会進行(会場案内、ドリンク開始、余興、進行)※
  • お開き後の会場片付け
  • 会場への精算

準備とは異なり、物理的に新郎新婦さんでは対応が難しい仕事がいくつかありますので、※印をつけました。

ただ、進行内容を工夫することで、幹事を立てなくても開催自体に支障がないように進めることも可能です。

受付は事前決済サービスを利用

無料の出欠確認サイトには、会費の事前決済を機能として利用できるサービスがいくつかあります。

出席と回答したゲストに対して、クレジットカードによる会費の事前決済を促すものですが、ご利用の際にはいくつか注意点がございます。

  • 事前決済には手数料が発生する
  • 決済金額は後日指定の口座に振り込まれる
  • 事前決済漏れが発生する(当日急遽参加のゲストや、事前決済を申請しなかったゲスト)

ご参考までに、事前決済機能が付いた出欠確認サイトをご紹介します。

Weddingday~WEB招待状サービス

BGMは事前にプレイリストを作成

結婚式二次会会場で、スマホやPCからイヤホンケーブルで音楽を再生できる設備が整っていれば、あらかじめ2.5時間(受付30分+パーティー2時間)分のプレリストを作成しておくことで、結婚式二次会当日の音響操作を最低限にできます。

また、新郎新婦入場・退場などのBGMは、タイムスケジュールに合わせて順番に並べておくことで、入場曲がかかる→新郎新婦入場のように、BGMを司会者のアナウンス代わりにすることも可能です。

司会進行役はホストの新郎が対応

乾杯の発声や、余興ゲームの進行など、新郎新婦入場後の司会役は新郎さんが務めます。

ただし、ケーキ入刀など新郎新婦参加のセレモニー中は、新郎さんがマイクを握ることは難しいため、司会無しで進めるか、セレモニー自体を諦める必要があります。

また、新郎さんは結婚式・披露宴で大量のお酒を飲んでいることも少なくないため、結婚式二次会の時は既に泥酔している可能性もあります。

そういった場合も想定して、新郎司会によるアナウンスは、最低限にしておくことをおすすめします。

結婚式二次会を幹事なしで開催するうえの注意点

結婚式二次会を幹事なしで開催される場合、新郎新婦さんがどんなに事前の準備を完璧に進められたとしても、防ぐことが難しいリスクがいくつかあります。

新郎新婦は結婚式の準備で忙しい

そもそも、結婚式・披露宴の準備と並行して、結婚式二次会の準備も新郎新婦さんが進めることは、相当な負担が発生します。

結婚式・披露宴は、担当プランナーさんと二人三脚で頑張ることができますが、結婚式二次会を幹事なしでやる場合は、頼れるサポート役がいません。

誰にも頼らないということになるため、余程几帳面な方でない限り、手配漏れや準備不足が生じる可能性があります。

結婚式・披露宴での遅延トラブル

結婚式二次会当日も、新郎新婦さんは会場の準備や設営のため、ゲストより早く二次会会場へ到着する必要があります。

ただ、結婚式や披露宴のお開きが何らかの理由で遅延してしまうことは、よくあります。

その結果、新郎新婦さんの結婚式二次会会場への到着も大幅に遅れて、最悪開宴時間に間に合わないこともあります。

友人幹事さんがいらっしゃる場合は、新郎新婦さんの到着まで場を繋いだり、タイムスケジュールを臨機応変に入れ替えて調整することもできます。

唯一の進行管理者が新郎新婦さんだけの場合、ゲストは新郎新婦さんの到着をひたすら待ち続けるしかありません。

結婚式二次会を楽しみづらい

幹事なしで結婚式二次会を開催するためには、結婚式二次会当日も進行するのは新郎新婦さんの役割となります。

結婚式二次会は、新郎新婦さんにとってゲストとの歓談を心置きなく楽しむ場になるはずが、タイムスケジュールを常に意識しつつ、トラブル発生時には即座に対応して滞りなくパーティーを締める必要があります。

結婚式から二次会まで緊張した状態が続くため、新郎新婦さんには結婚式二次会を楽しむ余裕はないかもしれません。

当日だけ幹事を頼むのは絶対にNG

余興や進行表を考えたり、買い出しなど事前の準備は自分達でやるから、当日の司会や受付だけ友人に頼むことはできないのかな?

結論から申し上げますと、このやり方は絶対におすすめしません!

結婚式二次会の幹事さんで、最も重要な役割を担うのは、全体の流れや進行を把握して、その他の幹事さんに的確に指示出しができる代表幹事です。

事前の準備を全て新郎新婦さんが対応された場合は、全体の進行を把握しているのは新郎新婦さんだけなので、代表幹事=新郎新婦となります。

しかし、新郎新婦さんはパーティー中は主役となるため、他の幹事さんへの指示出しなどは難しく、また披露宴が遅延した際はそもそも開宴前の準備に間に合わない可能性も高く、新郎新婦さんが代表幹事として十分機能しない場合が多いです。

最悪なケースとしては、新郎新婦さんから「取り合えず会場に来てもらえれば、あとは当日何をするか伝えます」と言われて来てみると、肝心の新郎新婦さんの到着が遅れて、何をすればよいか分からず準備が始められない、結果結婚式二次会自体も始められない、という「グダグダな」展開になりかねません。

新郎新婦さんとしては、ご友人の負担を少しでも軽くしようと「事前準備は全て自分達、友人は当日手伝ってもらうだけ」と考えるようですが、頼まれる側としては、とても中途半端な依頼内容で返って負担が大きく感じます

頼むのであれば最初から頼む、頼まないのであれば「当日だけでいいから」の様な中途半端な頼み方をしないのが、結婚式二次会幹事の鉄則です。

【プランナーからのワンポイントアドバイス】

どうしても当日だけご友人幹事を立てる場合は、せめて代表幹事を1人立ててあげましょう。

代表幹事は、必ず事前に新郎新婦さんと打合せをして、結婚式二次会の当日の流れを共有し、受付担当者への指示出しなどができる状態にしておくと、幹事さんは皆安心できます。

当日仕事を頼まれたけど、誰に何を聞いたら良いか分からない、という状態が、一番皆さんの負担になってしまいます。

2次会エンタ・袴田
2次会エンタ・袴田

幹事なしの結婚式二次会を開催する場合のアドバイス

それでもやはり友人に幹事は頼みたくない!とお考えの新郎新婦さんのために、結婚式二次会を幹事なしで開催する場合のアドバイスをご紹介していきたいと思います。

招待人数を絞って余興も簡素化する

新郎新婦さんだけで準備して結婚式二次会を開催される場合は、できるだけ招待されるゲスト人数を絞って、余興やゲームもやらない、もしくはできるだけシンプルな内容にすることが、大前提となります。

ゲスト人数が増えれば増えるほど、不慮のトラブルが起こる可能性もあがり、そうなった場合の対処はとても主役の新郎新婦さんでは賄いきれません。

また、余興ゲームもシンプルなビンゴなどにして、景品も嵩張らない商品券やギフト券などにしておくことをおすすめします。

準備や進行をサポートしてくれる結婚式二次会会場を選ぶ

結婚式二次会の会場によっては、プランナーが専属でついている会場もありますので、披露宴の様に事前の打合せや当日の運営をサポートいただける場合は、幹事なしでの開催もハードルがぐっと下がります。

ただ、会場によってプランナーのサポートレベルはバラバラのため、会場の予約前に、具体的に何処までサポートをしてもらえるのかを、詳しく確認されることをおすすめします。

たまに「専属プランナーによるサポートあり!」と謳っている会場でも、結局担当者は店長一人で、普段は忙しくて打合せの時間も取れず、結婚式二次会当日はキッチンに入って進行は全く手伝えない、というケースもありますので、ご注意ください。

結婚式二次会を幹事代行にお願いする

友人に幹事を頼むことは避けたいけど、内容も充実した結婚式二次会を開催したい場合は、幹事代行の会社に頼むこともご検討ください。

幹事代行サービスは費用がかかりますが、賢くプランを選べば新郎新婦さんの自己負担0円で済む場合もあるため、ご友人幹事なしで結婚式二次会を失敗されたくないなら一番おすすめです!

準備~当日のサポートまでしっかりとしてくれるため、新郎新婦さんは結婚式準備に集中できることも嬉しいポイントです。

結婚式二次会の幹事代行に興味をお持ちの新郎新婦さんは、『結婚式二次会の幹事代行業者を賢く選ぶためのチェックリスト』も合せてお読み下さい^^

私もプランナーを務める2次会エンタは、ご友人へ幹事のご依頼は不要で、かつ進行や余興にもこだわった結婚式二次会の開催が可能です。

お忙しい新郎新婦さんに代わって、結婚式二次会の準備・運営を全てお任せいただけますので、先ずは無料出張相談会へお問い合わせください!

2次会エンタ・袴田
2次会エンタ・袴田

友人幹事なしだけど、ゲストは沢山招待して賑やかな結婚式二次会を開催されたい新郎新婦さんには、定額幹事代行プランがおすすめです。

こちらの記事『100名の結婚式二次会なら申込率90%超え!幹事代行12万円プランが断然お得な理由』で詳しく解説していますので、是非チェックしてみてください。

誰のための「幹事なし」か、もう一度考えてみましょう

ご友人に負担を掛けたくないから、幹事なしで結婚式二次会を開催されようとする新郎新婦さんは、実は少なくありません。

ただ、幹事を立てなかったことで、主役のはずの新郎新婦さん自身が結婚式二次会を全く楽しめなければ、正に本末転倒になってしまいます。

また、中途半端にご友人に手伝いを依頼してしまうと、返ってお互いに不安な気持ちで結婚式二次会を迎えてしまうことにもなります。

確かに結婚式二次会の幹事は負担が大きい仕事ですが、その分やり甲斐もありますし、終わった後に新郎新婦さんから感謝の気持ちを伝えてあげれば、きっと「幹事をやって良かった!」と思ってもらえるはずですよ。

それでもご友人に幹事を依頼されたくない場合は、思い切って結婚式二次会をシンプルに開催されるか、幹事代行サービスへのご依頼をご検討ください!

専属プランナー×お笑い芸人司会者が
事前準備から結婚式二次会の進行を徹底サポート!

人数が増えても上限13万円の定額プランから
自己負担0円で叶うドレス&景品付きの会費+3千円プランまで

先ずは無料相談会へ

関連記事一覧